« 生ハムはカッティングが難しいよねえ。 | トップページ | 誰もが持っている、青春時代の自転車の思い出。 »

2013年3月 3日 (日)

前橋、名前の無かったもの巡り③前橋駅前 『建設と平和』像。第8回「夫婦漫談」

第8回「夫婦漫談」

Dsc_0059_2
はいどーもー!「建設です!」「平和です!。」


平和 「あたしたちも、もう今年で還暦よ。」

建設 「いい歳ぶっこいたね!」

平和 「別にぶっこいてないけど・・・。でも皆さん、二人がお互いの顔を知ったのはほんの25年前なんですよ。」

建設 「へー、そうなんだ。」

平和 「他人事かい!あんたの話でもあるの!」

建設 「確かに分部のオッサンのアトリエでは一緒に作られたけど、その後あんたの顔は35年間見ずに済んだわ。」

平和 「何が済んだわじゃ!」

Dsc_0177
昭和28年、前橋にあたし達がやって来た!

建設 「分部のオッサン、ずいぶん張り切ってるなあ。」

平和 「厳しい現実の中に平和がある。それを自分の力で建設する!って力説してる。」

建設 「なんかこの写真のわし、老けてない?おじいさんだよ。」

平和 「もういいじゃん。おじいさんなんだから。でもね、ここで注目なのはあたし達の名前なの。」

建設 「名前?今は”建設と平和像”って言われてるけどね。」

平和 「でもね、分部はあたし達に名前を付けなかった。この記事も”平和と建設の像”ってなってるでしょ。平和が前なのね。昭和28年じゃ、復興建設も急ピッチだったろうけど、人が求めるものはまだ平和だったんじゃない?」

Dsc_0294
そして前橋駅前に設置される。


Dsc_0622



平和 「設置されるや、二人は背中合わせ・・・。」

建設 「ここから35年間、板挟みの二人ですな。」

平和 「あたし達を建てるお金を多く出したのは、yagitaが上毛新聞社だって言ってたけど、なんか上の記事ムカつかない?」

建設 「なんで?更年期だから?」

平和 「もう終わったわ!いい?あたし達が前橋に来た時はずいぶん大きく扱って分部のオッサンのコメントも長々載せてるのに、いざ建ったら、”県都の玄関に異彩”よ。」

建設 「自分で建てといて、”異彩”とは失敬じゃな!」

平和 「なんかタイトルにあたし達と距離を置こうという気持ちが見え見え。でも除幕式は上毛新聞社社長の孫ひろ子ちゃんが、分部のオッサンと一緒にやってるのよね。」

建設 「なんか言われたんとちゃう?俺たちハダカだし・・・。上毛新聞、逃げたんちゃう?」

平和 「この後、裸の上に水かけられちゃうのよね。」


19750725_5
昭和40年。大噴水完成。

Dsc_0296_2
夜は4色の照明が点滅。


建設 「白Tシャツ一枚で噴水に濡れる君の姿を見たかったよ。」

平和 「着てないし!生まれてから着たことないし!」

建設 「確かに、記事にあるように当時としては”デラックス”やなあ・・・。でもなあ、気になることがあるんやけど・・・。」

平和 「何?」

建設 「言いづらいんやけど、銅像の名前が”平和の女神像”になっとるで。」

平和 「あー、気づいた?すんませんねえ。この時期、銅像は”平和の女神”って呼ばれてたんちゃう?あんた度外視で。」

建設 「わしはいないも同然か・・・。名前がないって、不憫やなあ・・・。」


Dsc_0301
昭和59年。駅前再開発の直前。近隣の小学生がやがて変わろうとする光景を写生している。(おそらく当時の中央小学校と群大付属小の生徒)

平和 「この再整備であたし達は35年ぶりに顔を合わせることになったの。」

建設 「あんたは若い時のまんまだったなあ。」

平和 「銅像だからね。この時噴水もなくなるのよね。けっこう立派なわりに苦情も多かったみたい。冬の北風で水しぶきが舞って離れてるところにいても濡れるとか。」

建設 「上州名物空っ風をなめるなっちゅうことや!」

平和 「あんた、どこの人なの・・・。」


37763651
平成元年。場所は違えどほぼ現在の姿へ。


建設 「まー、25年前だけど、今と変わんないんなあ。」

平和 「足元見てよ。」

建設 「足元?ん?何か四角いのがあるな。」

平和 「今はもうないのよ。だけど何かが書いてあったの。」

建設 「何が?」

平和 「今は市の倉庫に眠っているその礎石を、yagitaが市役所に頼んで写真に撮ってもらったのが次。」

建設 「あいつ本当に迷惑なやっちゃな・・・。」


Dsc_0298_2
平成24年まであった礎石の銘板。


建設 「おお!ついにわしの名前が前に来た!」

平和 「そう。ここで”建設と平和像”がある意味公式な名称になるの。」

建設 「長かった・・・。でも結局この礎石も・・・?」

平和 「そう。平成24年の再々整備で取り払われて、今に至るってわけ。」

建設 「そうだなあ・・・。確かにわしたちはこうしてロータリーの真ん中で何の説明もなくぽっかり建っている・・・。」

平和 「いいの。説明はyagitaがしてくれるから。あたし達の60年を。」

建設 「いつまでここにいるのかなあ・・・。名前の無いまんまで・・・。」




前橋駅前の銅像。仮名遍歴。

昭和28年~ 「平和と建設の像」

昭和40年前後 「平和の女神像」

昭和63年~ 「建設と平和像」

« 生ハムはカッティングが難しいよねえ。 | トップページ | 誰もが持っている、青春時代の自転車の思い出。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1654299/49812958

この記事へのトラックバック一覧です: 前橋、名前の無かったもの巡り③前橋駅前 『建設と平和』像。第8回「夫婦漫談」:

« 生ハムはカッティングが難しいよねえ。 | トップページ | 誰もが持っている、青春時代の自転車の思い出。 »

無料ブログはココログ
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ウェブページ