« 銀座は貧乏人にもやさしい。 | トップページ | オイスタージャーニー!前橋⇔香川往復13,000円の旅(牡蠣食べ放題付き)後編 »

2013年12月28日 (土)

オイスタージャーニー!前橋⇔香川往復13,000円の旅(牡蠣食べ放題付き)前編

Dsc_1259

「どうです?牡蠣をごちそうしましょうかな?」
母は躊躇した。お金が心配だったのだ。

僕もその男を見た。老いぼれて、汚らしく、皺だらけで、牡蠣から目を上げなかった。

                                  モーパッサン 「ジュール叔父」より


全国8700万人の食べ放題ファンの皆様(←何を根拠に?)、お待たせいたしました。

日本全国食べ放題の旅第2弾、題して「オイスタージャーニー!」の幕開けです。


第1回はこちら!
「チキンジャーニー!前橋⇔大阪往復1万円の旅(ケンタッキー食べ放題付き)前編」
「チキンジャーニー!前橋⇔大阪往復1万円の旅(ケンタッキー食べ放題付き)後編」


さて、今回の目的地は四国。香川県さぬき市です。

そこに2,900円で焼き牡蠣食べ放題のお店があるのです。

そのお店、「カキ焼き わたなべ」に前橋から出発します。


今回のルールは…

・費用は13,000円以内。

・制限時間は40時間以内。


なぜ、そんなルールを?

そうです。相変わらずお金が無いからです。

そして、40時間で帰ってこれれば、「仕事が終わったら香川に向かい、1日休みをもらって牡蠣を食べ、明後日の朝、いつもの時間に仕事に出勤」ということもできるのです。

貧乏ひま無しな私のようなインチキサラリーマンにはピッタリの旅ですな。


それでは、行ってまいります!ビバ!オイスター!


2013年12月25日(水)、クリスマス。

Dsc_1216
今回のスタート&ゴール。JR前橋駅。

仕事が終わりました。出発です。

ここから日本中央バスの高速バスで新宿を目指します。

料金は回数券で1,350円。電車よりずいぶん安く済みます。


Dsc_12171
東京、新宿駅。バスに乗る西口は人がいませんので東側をぐるっとしてみます。

街には最後の追い込みをかけているサンタさんたちが右往左往しています。

呼び込みしたり、ティッシュ配ったり、ハンドベル鳴らしたり…。

その脇を、恋人同士が縫って行きますが、なぜか街角で立ち止まって騒いでいるのは50代がらみのオッサンばかり…。

人はいつもの平日より少ないようです。

クリスマスの夜、帰るところがないおじさん達が街にいるのか…。

その中に、クリスマスは関係なく、牡蠣のことばかり考えている40がらみのオッサンがいますよ。ここに。

Dsc_1218
新宿西口某所から、バスに乗り込みます。

目的地は岡山です。

はあ?なんで岡山?香川県行くんでしょう?高松行きのバスあるでしょう?なあ、おい。


甘ーい!甘いんだよ!


香川県高松市行のバスに乗ったら、7,000円前後するんです。

本四連絡橋の通行料金が上乗せされるんですね。

岡山までなら、3,900円で行けるのです。

ですから、あえて本州側の岡山行きに乗り、岡山で朝を迎え、青春18きっぷを発動すれば、ずいぶん安く四国に渡れます。

さて、前回の旅で学んだことは、これです。

Dsc_1297
首に巻くタイプの枕。


これが無いと夜行バスは辛いのです。

100円ショップでいくつか売っていましたので、どのタイプが良いか迷い、2種類購入しておきました。


いざ、バスに乗り、ひとつを使ってみると、まあ快適。ありがたい。


夜半過ぎ、隣の席の方がモゾモゾ・ゴソゴソしています。

年の頃は大学1年生くらい。帰省でしょうか?

どうも枕に困り寝ずらい様です。

そこで彼にもう一つの枕を、「よろしかったら使ってください。未使用ですので。」とおゆずりしました。

彼はそのあとグッスリ。

おかげで私もゆっくり眠れました。

「情けは人のためならず」とはこのことです。

皆様も夜行バスを利用するときは100均で予備の枕を購入された方が良いと思いますよ。


と、いうことで、明日は岡山。



2013年12月26日(木)
Dsc_1222
朝になりました。岡山駅午前8時。

さすが岡山、道行く通勤のビジネスマンの皆様がみんな桃太郎の格好をしています。
何人もの方々から、吉備団子を差し出され鬼ヶ島に付いて来いと言われましたが、今日の敵は鬼ではないのです。牡蠣なのです。

Dsc_1300
ここで、ブルースプリング18チケットの登場です。


さあ、瀬戸内海を渡りますよ!

Dsc_1224
生まれてはじめて瀬戸内海を越えていきます。

ワクワクドキドキして、電車のシートに座りしょんべんしてしまいました。


Dsc_1232
たくさんの小さな島が次から次に現れます。

ひとつくらいもらえそうです。




Dsc_1234
あっという間に高松へ。

うどんうどん!とアピールしてきますが、今日は牡蠣なのです。

Dsc_1241
さぬき市志度へ来てしまいました。

昨日のお昼以来何も口にしてはいませんのでだいぶ空腹です。

そのお腹でさぬき市ですが、うどんの誘惑には負けません。

「さぬきうどん」という言葉を脳から消します。

この世に白くて長くてつるつるしてしこしこしたものはありません。無いんです。あれは消しゴムのカスです。そうに違いありません。

Dsc_1247
けっこう立派な志度駅から歩くと…。


Dsc_1248
もう海です。他に何もありません。

そして、けっこうな雨です。

雨でなければこの海の先に小豆島が見えるはずですが、何にも見えません。

本当に小さな町です。

こんなところに牡蠣食べ放題のミネラルパラダイスはあるんでしょうか?


Dsc_1278
こんなキャットウォークの先に、そこはありました。


Dsc_1252
ここが、決戦の場、「カキ焼きわたなべ」です。


                                             …後編に続く。

« 銀座は貧乏人にもやさしい。 | トップページ | オイスタージャーニー!前橋⇔香川往復13,000円の旅(牡蠣食べ放題付き)後編 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1654299/54395652

この記事へのトラックバック一覧です: オイスタージャーニー!前橋⇔香川往復13,000円の旅(牡蠣食べ放題付き)前編:

« 銀座は貧乏人にもやさしい。 | トップページ | オイスタージャーニー!前橋⇔香川往復13,000円の旅(牡蠣食べ放題付き)後編 »

無料ブログはココログ
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ウェブページ