« 安物買いの銭失い。 | トップページ | 銀座は貧乏人にもやさしい。 »

2013年12月 9日 (月)

赤城山、冬の林道めぐり。

Dsc_1191
冬空に赤城が映えます。

Dsc_1193
利根川沿いの乗馬クラブの馬たちも、もう冬支度です。


今日は、赤城山西方面の林道を周ってみました。

前橋から利根川をさかのぼり、渋川へ。

大正橋を渡って国道353で赤城山方面を目指します。

直進を続けると県道70号線に。

Dsc_1197
全くと言っていいほど人通りがありません。

車も通りません。唯一すれ違った車は国土交通省のパトロールカーのみ。

大変静かな県道です。

なぜなら、この県道はやがて行き止まりになるからです。

次第に、「この先車両通行できません。」「この先幅員減少」の標識が増えてきます。



Dsc_1198_2
県道70号の行き止まり。しかし、左右には林道がつながります。

しかし、完全な行き止まりではないのです。

県道が途切れたところから、右へは前橋方面に、左へは昭和村方面に林道が続きます。

ここから、大変静かな山の中へ。


Dsc_1207_2
ああ、冬枯れのいい感じ。

鳥のさえずりと、キツツキが木をつつく音しかしません。

…ん?何かほかに聞こえる?ごく小さく…。

脚を止めて耳を澄ますと…。


…讃美歌だ…。(いや、本当に。)


思わず違う世界に来てしまったのかと思いましたが、本当にかすかに讃美歌が聞こえます。

どこかの山嶺にある教会から流れてきたのでしょうか?山の上にいると、意外に風の流れでふもとの音が登ってくることがありますが、たぶんそうなのでしょう。

もしくは、やっぱりちょっと違う世界へ足を踏み入れていたんでしょうね。


Dsc_1202
地図も無いような道もありますので、いきなり行き止まりだったりします。

Dsc_1205
行き止まりから、今来た道を振り返る…。

一応舗装路なんですけど、ほぼ路面が見えませんね。

乾燥した冬だから自転車で通れますが、他の季節で地面の木屑が湿ってたらまあ無理です。

Dsc_1210_2
突如、舗装が途切れ、200メートルほど砂利道が続くような道も…。

仕方なく自転車を押して歩きますが、「この先何キロも砂利だったらどうしよう…。」とテクテク。

でも、総じて林道に砂利道区間は多くありません。突然目の前に現れても意を決して進めばどうにかなります。

「栄線」「穴山窪線」「田之郷線」などをめぐりました。



Dsc_1209
田之郷線の入口。ここから先はとても気持ち良い林間コース。

しかし、前橋方面からこの田之郷線に入ろうとすると、わかりにくい上、いきなり砂利道が100メートルくらい続きます。

それゆえなかなかロードのライダーは入ることを躊躇すると思います。

ですのでハイシーズンはかなりの穴場だと思いますよ。

熊にさえ会わなければね。






























« 安物買いの銭失い。 | トップページ | 銀座は貧乏人にもやさしい。 »

コメント


賛美歌ですかぁ〜(¬_¬)
yagitaさんってロマンティストなんですね‼

あっ!そう言えば誕生日おめでとうございますm(__)m

ロバくん、コメント誠にありがとうございます。

いや、本当に讃美歌聞こえたんだって!

おかげさまで今年も誕生日を迎えることが出来ました。

こんなに長く生きてこれたのも、ひとえに皆様のおかげです。

本当にありがとうございます。

誕生日おめでとうございますー(^∇^)

そろそろ山に雪も降りそうな寒さですねー。
落ち葉はすべってこわいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1654299/54198018

この記事へのトラックバック一覧です: 赤城山、冬の林道めぐり。:

« 安物買いの銭失い。 | トップページ | 銀座は貧乏人にもやさしい。 »

無料ブログはココログ
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ウェブページ