« 自転車、セミ・オーバーホール。 | トップページ | セミ・オーバーホール。つづき。 »

2014年1月19日 (日)

ツール・ド・草津とハルヒルにエントリー。

年末に、毎年草津町から便りが届きます。

「ツール・ド・草津は元旦からエントリー開始ですよ。」というお誘いが。


Top_img01
年の初めは草津にエントリー。

私はサービス業であまり盆も正月も関係ない仕事をしておりますが、「ああ、お正月が来たなあ。」と気分だけ正月に浸っていると、つい忘れてしまう草津エントリー。

「あ、草津だ。」と思い出して先日無事エントリーを済ませました。

降雪のため、一昨年は短縮コース、昨年は中止でした草津ですが、今年は無事開催できれば良いですね。

でも、草津の良いところは、中止になっても日本有数の温泉を堪能できるという点です。

他県の方々も、はるばるいらしてレースが無いとなっても、どうか草津の湯を楽しんでください。


Img1
そして榛名山ヒルクライムin高崎、通称「ハルヒル」のエントリー。

エントリー開始は1月18日でした。

こちらもお誘いの封書が届きました。

さっそくエントリー。クレジットカードの締日を過ぎてのエントリー開始ですので助かりました。ひと月に2件もエントリーできません。赤貧ですから。


と、パンフを見ると募集人員はやはり前回規模の5300名…。


うーん…。榛名湖コース定員4000名は、まあ良いとしても、ミドルコースの榛名神社コースと初心者コースを合わせて募集1000名というのは、…どうなんだ?


コースも、榛名神社と初心者コースはあまり「初心者」向きではありません。

ただ、ダラダラ登る、初めての方にはかなりの勾配があるコースです。

林間もカーブもなく、あまり面白みがありません。

前回大会は、地元中学生を大量動員しても定員割れになったと思いましたが、また同じように国内最大規模を目指して募集をかけるのは、いささか、「どうなのかなあ?」と思ってしまいます。


だって、「どうしても出てくれって言われて出てみたら、何にも面白くなかった。」っていう10代を増やしたら、元も子もないでしょ?


ハルヒルは潔く、榛名湖コース一本に絞った大会にすべきではないでしょうか?

タイムトライアルもありますから十分特色は出せると思います。


何しろ、スタート地点のキャパが無いんですから…。ほぼ全部が砂地で…。

(大会当日が雨模様だったら、私は自転車を担いで待機するつもりです。)


« 自転車、セミ・オーバーホール。 | トップページ | セミ・オーバーホール。つづき。 »

コメント

毎回、面白い記事で楽しませてもらってます。


ツールド草津にエントリーされました?
私は、2年連続の悪天候というのが、どうしても気になって…
同日開催の別ヒルクライムに登録してしまいました。

リアルヤギタさんを見かけるチャンスだったのに。

榛名湖は、子供の発表会なので、これも残念。

あこがれ様、いつもコメント誠にありがとうございます。

そうなんですよねえ…。春の草津は天候が読めませんから。

またいつか、どこかの大会でお会いできることを楽しみにしております。

私は相変わらずの貧脚ですので、ご一緒の時はドシドシ追い抜いて行ってくださいhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1654299/54667889

この記事へのトラックバック一覧です: ツール・ド・草津とハルヒルにエントリー。:

« 自転車、セミ・オーバーホール。 | トップページ | セミ・オーバーホール。つづき。 »

無料ブログはココログ
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ウェブページ