« 久々のフルコース開催。第19回ツール・ド・草津。 | トップページ | 赤城用水へダイブ! »

2014年4月25日 (金)

群馬県や前橋市では、急速に自転車認知度が高まっているような気がします。

Dsc_1694
急な出張で、東京御茶ノ水、東京医科歯科大学へ。



ローラー台を持っていない私ですので、仕事が17時前に終わるはずだった昨日は、スポーツクラブに入り浸ろうかと思っていた矢先、急きょ仕事関係で東京へ…。


Dsc_1693
夕刻の東京駅中央線のホームに、ん?何かあるなあ…。



Dsc_1691
お?!ゼロkm指標!


ホームのこの場所、確かに東京駅のちょうど真ん中付近です。

ここから、右も左も西も東も、全部下りということです。


あることは知っていましたが、いつもあわただしく乗り換える東京駅、はじめて見ました。


医科歯科大学で行われたセミナーの終わりに傍らの広場で休んでいると、年若い方たちが自転車の話をしています。

話の端に、「赤城のエントリーって、20時から?」「やべー、その日○○じゃん!暇あるかな?」等々と聞こえる…。


お?!赤城って、あの赤城ですよね?


確かに、まえばし赤城山ヒルクライムは参加者の半数以上は県外からですし、特に東京からの参加者は多い。

ふと訪ねた一夜の東京で、もう、すぐそこに次大会の参加希望者がいる…。


たまたまだと思いますが、そうは言っても、AKGHCは全国数本の指に入るような大会になっているというのは、まあ、確かなんでしょう。


県内市内でも、自転車で用を足しに行くと、その先で、「赤城には出たんですか?」または「出るんですか?」と聞かれることが多いです。

それも、自転車に乗っていない方々からです。

「ロードに乗っている人は、きっとあの大会に出ているんだろうな。」という認識が、自転車に乗っていない人たちの層にまでしっかり浸透している。


いつも視界に赤城の嶺が映る前橋市です。

「あの赤城山を自転車で登るんだ…。」という思いは、「自転車=赤城山」という形でインプリンティングされ、「すごいな…。」「でも自分にもできるんじゃないか…?」という意識を醸造させている気がします。

「うちの65歳の親父が急に自転車買って、赤城に出るって言ってるんですよ。」なんてことも聞きます。


地元の大会であり、全国から注目される大会でもある、まえばし赤城山ヒルクライム。


去年のエントリーは58分で定員に達しました。


ちなみに今年の一般エントリーは5月23日(金)20時からです。


ああ、その時間に運良く、PC or mobile を操作できるかというところからレースははじまります。


どうかエントリーできますように。んあんん。














« 久々のフルコース開催。第19回ツール・ド・草津。 | トップページ | 赤城用水へダイブ! »

コメント

もうすぐですね、赤城山ヒルクライム予選
参加人数に差はあれど、富士ヒルクライム以上の激戦が予想されますね。

今年は学校行事の関係でエントリーしませんが、
大会の無事と来年大会の参加枠増加を願うばかりです(^^)

Toshi様、コメント誠にありがとうございます。

そうなんですよ。エントリー受付は予選なんです。

うっかり仕事なんてしていられないんです。

御一緒できず、残念です。

また来年、背中を見せてくださいcoldsweats01

こんばんは
去年ハルヒルで思ったよりも成績が良かったので調子に乗って赤城HCにエントリーしたことを思い出しました。もうあれから1年なんですね~。今年もハルヒルにはエントリーしましたが、多分また勢いで赤城の方にも・・・・

ところで、私は東京在住ですが0km指標なるものはまだ見たことありません。そんなものがあることすら知りませんでした(;´Д`A ```今度機会があったら探してみます!

みい様、コメント誠にありがとうございます。

いつも楽しくブログを拝見させていただいております。

私も榛名にエントリーしておりますが、だいぶ身体がなまっておりまして、去年のタイムを超えることができないんじゃないかと戦々恐々しております…coldsweats01

ところで、例の0㎞のモニュメント、正式名称は「起点標」というらしく、一般的には「0キロポスト」と呼ばれているらしいです。

東京駅の各線にあるようですが、中には板にただ「0」と書いてあるだけのものや、枕木にペンキで「0」と書いてあるだけのようなものもあるようですから、なかなか気づきませんよねhappy01

1番線の中央線高架ホームにあるのが写真の「0キロポスト」です。

このモニュメントは旧万世橋駅から移設されたものだそうです。


ちなみに4番線「山手線内回り」と5番線「京浜東北横浜方面行き」、6番線「山手線外回り」と7番線「東海道本線」の間にも立派な「0キロポスト」のモニュメントがあるそうです。

6・7番線のモニュメントは、鉄道発祥の地、新橋駅から移設されたそうです。

鉄道にはあまり詳しくないのですが、鉄の方のお話ですと、本来は「中央線の起点駅は神田」「東北本線の起点駅は上野」「山手線は品川~田端まで、田端~東京は東北本線」などというように、線籍上必ずしも東京駅が起点ではないのですが、近年、それら周辺の「0キロポスト」が東京駅に集められているようです。

まあ、素人にとっては東京駅が起点というのがわかりやすいですから、まとめて見てもらおうと思って集めちゃってるんでしょうね。

地方におります私にとっても、東京に暮らす人にとっても、おそらく東京駅は仕事でバタバタと乗り継ぎするだけの駅という面が強いと思いますが、たまにはのんびり探検するの楽しそうですなwink

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1654299/55935755

この記事へのトラックバック一覧です: 群馬県や前橋市では、急速に自転車認知度が高まっているような気がします。:

« 久々のフルコース開催。第19回ツール・ド・草津。 | トップページ | 赤城用水へダイブ! »

無料ブログはココログ
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ウェブページ