« リハビリ走なら温泉でしょ? | トップページ | 高校野球と七夕飾り。 »

2014年7月13日 (日)

梅雨時の3連休。

3連休1日目。快晴。

Dsc_2016

赤城山西嶺、穴山林道。


3連休です。特に何の予定もありません。

ケガの具合もだいぶ良いので、軽く赤城に登ってみます。




渋川から林道を目指すコース。

Dsc_2011
しばらくは植林の杉が並ぶ殺風景な景色ですが、そのうちにトップの写真のように美しい木陰道になります。



Dsc_2015_2
しかし、シレっと落石していたり倒木していたり…。気を付けよう。


それにこの時期の赤城は、ちょっと停まって小休止というわけにもいきません。

なにせアブとブヨがすごい。刺されるとちょっとしたアナフィラキシーを起こす人もいますから大変です。

自転車の速度だとアブやブヨにはまとわりつかれませんが、普通に山歩きをされている人はいったいどうしているんでしょうか?今度山ガールの上司のSさんに聞いてみよう。


標高は1000m弱。たいして涼しくもありませんが…、

Dsc_2018
この前橋へ抜けるダウンヒル!あー、涼しい!


人も車も通りません。延々と下ります。

いつも「下りは寒くて嫌だなあ。」と思っている私ですが、さすがに気温36度ですと爽快です。

ていうか暑すぎるよ!前橋!


Dsc_2022
帰りに渡った利根川にかかる大渡橋(おおわたりばし)。

橋の真ん中あたりにこのようなスペースがあります。

朔太郎の詩と解説と、石造りのベンチがありそこには碁盤の目が刻まれています。

でも、なんだか中途半端な感じがしません?


この場所にはちょっとした秘密があります。

設計に関わった市役所OBの方からお聞きしたのですが、実はこの場所には朔太郎の銅像が建つはずだったのだそうです。

橋は、様々な荷重に耐えるために、複雑な構造計算が必要ですが、たいがい予測よりも頑丈に造られています。

この大渡橋。設計途中に朔太郎の銅像を建てるという案が浮かんだため、重い銅像の重量を勘案し、構造計算をやり直し、更に丈夫にしたんですね。

ところが土壇場になって、朔太郎の遺族からOKが出ないという事態に至り、銅像が建つはずだった場所は現在のなんだかお茶を濁したような佇まいになっています。

設計担当者 「だからねえ。大渡はとびきり丈夫なんだよ。特にあの場所は…」

私 「百人乗っても?」

設計担当者 「…大丈夫。」





























« リハビリ走なら温泉でしょ? | トップページ | 高校野球と七夕飾り。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1654299/56781866

この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨時の3連休。:

« リハビリ走なら温泉でしょ? | トップページ | 高校野球と七夕飾り。 »

無料ブログはココログ
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ウェブページ