« 高校野球と七夕飾り。 | トップページ | 行くぜ!能登半島! »

2014年8月13日 (水)

自転車に牽かれて善光寺。前橋→善光寺、130キロの旅。

Dsc_2076
長野県長野市、善光寺。

ご無沙汰しておりました。久々のブログ再開です。

何もしたくない病になりかけていたので、日々の行動をセーブしておりました。


さて、先月は前橋から善光寺までの旅に出ていました。

朝6時ころに前橋を発ちまして、西に向かいます。


Dsc_2029
安中杉並木。群馬県人なのに初めて通りました。

まあ、松井田まではやや登り基調の平坦路です。

Dsc_2034
横川駅、碓氷峠鉄道文化むら。

向かいは峠の釜めしで有名なおぎのやです。

そしてここから碓氷峠越えのヒルクライムがはじまります。

後悔は、横川駅に置いていく…。


横川駅から碓井バイパスを進みます。旧道はここのところの雨で落石が多いうえに、碓井バイパスが無料になってからは路面の整備もほとんどされていないのでパスしました。

ですから実際には「碓氷峠越え」ではなく「入山峠越え」です。しかし、等高線は同じでして標高差・勾配共に大差ありません。


横川から最高点の入山峠までは距離15km、平均勾配4.5%、最大勾配は500m刻みで10%ほどとなります。


Dsc_2031
妙義の奇岩が迫ってきます。この向こうに行くのか…。ふう…。



Dsc_2039
「急カーブ!上り坂、8%」

ご丁寧にありがとうございます。でも知ってます。調べてますから。


赤城よりも規模は小さいですが、終盤はそこそこ疲れます。

でも、レースではないですからのんびり登ります。


Dsc_2044
最高点、「入山峠」。ここから長野県軽井沢町となります。

軽井沢に入るとアップダウンが続きますが、避暑地ですから大変涼しく…、

ないよ!まだ午前中なのに、この日の気温は33℃。ここから下って長野市はいったい何度になっているのでしょうか?軽井沢の写真を撮る気もなくしました。


途中コンビニで休憩していると、おじいさんに話しかけられます。

「どっから来たの?」

「前橋からです。」

「峠越えて来たの?すごいね!」

「いや、けっこういますよ。今日も何人か見ました。」

「いやー、運動マンだ!運動マンだよ!」

…運動マン…?スポーツマンという意味でしょうか?


Dsc_2045
軽井沢を過ぎて、「浅間サンライン」を進みます。

浅間山の南山麓をどこまでもつなぐ風光明媚な道です。

多少トラックは多めですが、信号がなくて走りやすい。


ただし、こんな暑い日は要注意です。何もない風景が続くので補給のしようがない。

地図で確認しておきましたから、事前に飲料を1リットルほど買い足しておきました。補給食も用意しておきました。

この時点で気温は36℃。こんなところでハンガーノックや熱中症になったらおそらくすぐにアスファルトの上で蒸発しちゃいますね。影だけ残して。

Dsc_2047
道の駅から浅間の西側を望みます。

Dsc_2049
知らない土地には、なんだか珍しい地名があるものです。


Dsc_2051
千曲川(信濃川)。こんな大きな川が西に向かって流れています。

日本海側にいるの実感します。



Dsc_2065
そして到着。善光寺。

善光寺は大変古いお寺で、日本に伝来した仏教が各宗派(真言宗とか)に別れる前からあったので、どんな宗派も関係なくお参りできます。

それに古いお寺によくある女人禁制でもないんです。

だいぶ開かれたお寺なんですね。


Dsc_2073
この本殿にご本尊がいらっしゃるのですが…。

そのご本尊、「一光三尊阿弥陀如来像」は完全なる秘仏です。

住職さえも、ちょっと台座を覗くことしかできません。

7年に1度の御開帳で公開されるのは、ご本尊のレプリカなのです(それも相当古いものですが…)。

ですから、こう言ってはなんですが、もしかしたら無いかもしれないのです。

はるか昔に盗難にあっているなんてこともあるかもしれません。または、最初からなかったのかもしれません。

その実在を誰も確かめることができないご本尊。ミステリアスですね。


でも、ご本尊に少しでもお近づきになりたいのが信者の皆様の願いでしょう。それを少しでも叶えてくれるのが、「お戒壇巡り」です。


実は、本堂には地下通路がぐるっと巡っておりまして、そこを通ればご本尊の真下に行けるのです。

11_okaidan
ここがその入口。中は本当に真っ暗です。

入る前にお坊さんがこう教えてくれます。

お坊さん 「真っ暗ですが、右側の壁に手を付けて歩いてください。運が良いとご本尊に通ずる扉の錠前が手に触れます。そうしましたらガチャガチャやってみてください。」

私 「ガチャガチャやると、何か御利益があるんですか?」

お坊さん 「ご利益というより…、そうですねえ、仏様と握手してるということでしょうか。」

私 「…はあ。」


ということで、入口の狭い階段を降りて行きます。

ええ!こんな入口からもう真っ暗なの?階段が全然見えないよ!…と、思ったらサングラスしてた。

奥に進むと全くの漆黒。なんの光もありません。

ちょうど空いていて私一人です。恐る恐る進みます。

あ!右手に触れる物が!錠前だ!ガチャガチャガチャガチャ!

思い切りガチャガチャやっていると、いつの間にか後ろに人がいたらしく、耳元で、「壊れますよ。」と。

わあああ!びっくりした!


Dsc_2079
境内には「仏足跡」なるものが…?


Dsc_2081
仏様の足跡だそうです。

なんでも、手を合わせるとマラソンや自転車など足を使うスポーツにご利益があるとか…。

手を合わせ、「どうかひとつ!どうかひとつ!」と、小松政夫さん風に懇願しました。


Dsc_2086
長野のコンビニの調味料コーナーには当然のように「あの唐辛子」が売られている。

Shitimi3003001
あの唐辛子、八幡屋磯五郎・善光寺唐辛子をお土産にいたしました。


一泊して、帰りも自転車でと思いましたが、天気予報は最高気温を38℃とうたっています。

帰りは100キロくらいダラダラと登りが続きます。この日、熱中症で命を絶たれた一人に数えられる可能性がありますので、輪行に切り替えて帰路につきます。


Dsc_2118
帰りにほくほく線に乗ったら特別車両でした。

トンネルに入ると音楽が流れだし、天井に大輪の花火が打ち上がります。

頑張ってるねえ!ほくほく線!


しかし、天気が良すぎるのも大変ですな…。




































« 高校野球と七夕飾り。 | トップページ | 行くぜ!能登半島! »

コメント

長野まで自走とは頑張りましたね。
碓氷峠よりも、軽井沢から長野までがダラダラ長くてつらかったのでは?
しかも、かなり暑い日程で。

ヤギタさんに触発されて、僕も今日、長野県の八ヶ岳まで自走してきました。
前橋-ぶどう峠-麦草峠
つらかった…

長野からの帰り道は、
志賀高原-白根山噴火-長野原
で帰ってきて欲しかったですね(^^)
で、噴火のレポートなどを。

あこがれ様、コメント誠にありがとうございます。

イヤイヤ、八ヶ岳までの自走って、さすがですねあこがれ様happy01

長野まではそんなにつらくはなかったです。でもおっしゃる通り軽井沢から先辺りは下り基調ですがアップダウンが続きまして、峠越えの直後だとやっぱり脚には来ますね。碓氷峠越えを頑張りすぎるとある程度使い切ってしまうので…。

そうなんです!白根が活発なんです。でも様子見はできないみたいですよ。車両通行止めとのことです。

来年の草津は開催が危ぶまれますね。同じ日程の八ヶ岳が混みますよーcoldsweats01


ところで、今週末から来週にかけて、夏休みをいただきました。

能登半島一周の旅に出ようと思っております。

はじめまして。

碓氷峠は最近路面が整備されてとても走りやすくなっています。

mugi様、コメント誠にありがとうございます。

えー?ほんとですか!!

やっぱり行ってみなければわからないものですね。

碓氷峠、今度は越えてみたいと思います。

碓井バイパスより空いていると思うので、自転車専用道と化しているのでしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1654299/57071318

この記事へのトラックバック一覧です: 自転車に牽かれて善光寺。前橋→善光寺、130キロの旅。:

« 高校野球と七夕飾り。 | トップページ | 行くぜ!能登半島! »

無料ブログはココログ
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ウェブページ