« ふざけ過ぎた季節のあとで…。 | トップページ | 完成!チルト君輪行バッグ! »

2015年5月 5日 (火)

タイ料理不毛の地前橋に、唯一あるなかなかのお店。

Dsc_2582
なんだか、とても安い床屋さんみたいな外見ですが…。


前橋の街中(と言っても空洞化で人はいませんが…)、馬場川沿いにあるタイ料理屋さん。


ご主人は笑顔が爽やかなタイからやって来た素敵なお兄さんです。

お店はカウンター席のみで8席。まさに店名の由来です。


メニューも4品程度。前払い制。

つまり、タイの屋台料理屋さんが、馬場川沿いにあるわけです。


Tom001
こちらのトムヤン麺。スープが深い。辛さは選べます。


トムヤンクンに麺を入れた料理は、実は日本が発祥です。

日本で一般的になった後、タイ本国に逆輸入され、タイの人たちも「麺を入れると美味しいねえ!」とトムヤンクン&麺を再発見し、タイの屋台のポピュラーメニューになりました。

この店の二番人気、レック麺は素で出てきます。そこにナンプラー、唐辛子、酢、砂糖を自分の好みで合わせて食します。ホントに屋台みたいですね。


実は、タイで一番有名な日本の商品名は、「味の素」だそうです。

相当タイのあちこちで合成調味料が使われているのでしょうね…。


でも、こちらのセマクテは大丈夫。


ご主人が何時間もかけて作る鶏や豚、そして野菜中心の出汁をベースに、ハーブ系は繊維を断ち切るために小さな石臼で叩いて叩いて叩いて、下地を作っているそうです。


時々、爽やかな笑顔の店長さんが、ムエタイの試合に参戦すため、店休になることがあるそうです。


ハーブの入った石臼を、毎日毎日叩いて叩いて叩いて…。

それが、この店の美味しさと、ムエタイでの勝利を作り出しているのかもしれませんね。




















« ふざけ過ぎた季節のあとで…。 | トップページ | 完成!チルト君輪行バッグ! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1654299/59888314

この記事へのトラックバック一覧です: タイ料理不毛の地前橋に、唯一あるなかなかのお店。:

« ふざけ過ぎた季節のあとで…。 | トップページ | 完成!チルト君輪行バッグ! »

無料ブログはココログ
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ウェブページ